<< ヒマワリ 庭ver. 雨上がりにのんびり >>
夏の向日葵、七夕とともに
※写真は全てクリックで大きくなります

こんばんは。北海道に戻ってきてから10日ほど経ちました。
涼しいぜ北海道! なんて思っていたのに暑い暑い。
週末あけてからずいぶんと空が青くなりまして、写真撮るにも色々と好都合。
ということで、夏らしい一枚を。
f0138137_2122033.jpg
向日葵!!
向日葵畑を見つけたので、小走りで寄っていきました。

そしてもう一枚、皆様にお見せしたい写真が。
f0138137_2134695.jpg
天の川

北海道の七夕は、実はこれから始まります。
地元の帯広でも七夕祭りが市中心部で行われております。
この写真は流石に帯広から撮ったものではなく、車で一時間強ほどの
日本一寒い町、陸別町の天文台付近で撮影しました。
澄んだ空気、何もない「黒い」空で見たのは天の川と無数の流れ星。
天球 という言葉を実感させられる、すごい星の量。

先日やっとレリーズコードを買ったので、余裕の長時間露光 :)
バルブ撮影で時計も見ないで露光していたのに、
後からデータを見たらキッカリ1分という面白い話でした。

実は2枚とも魚眼レンズでの撮影です。
魚眼っぽくなく使えるのはとても楽しいですね :)




魚眼を魚眼として使わない という不思議な考えが沸いたので、
魚眼レンズの特性が出ないような角度を考えます。
ゆがみが極力少ないところで構えて、一枚。
f0138137_2114251.jpg
“霧”の摩周湖(?)
いや、快晴だ :)

ばあちゃん、晴れた日に数十年ぶりに摩周湖へ行く という計画が前々からあったので、
母の運転でばあちゃんと摩周湖~屈斜路湖というドライブルートを設定しました。
それに便乗した写真です。

朝9時前に出て、夜7時過ぎに戻ってくるというロングラン、総走行距離は500km弱。
凄腕ドライバー母ちゃんなのです。
摩周を抜けて屈斜路湖~美幌峠へ。
f0138137_21194424.jpg
ワインディングロード。
展望台へと続く道のりでした。
18-200mmはこういうときに便利です :)
その登ったところから、
f0138137_2121532.jpg
こんな具合に屈斜路湖を見下ろせます。
この写真を撮ったときに、やっぱり魚眼の方が広いなと思ったのは内緒です 笑
バカみたいに広い場所では、遊び心満載の魚眼レンズは大成功、
18-200はやっぱり優秀な万能選手だということでした。

[PR]
by takahito_domon | 2008-08-06 21:30 | 風景
<< ヒマワリ 庭ver. 雨上がりにのんびり >>